行田

行田の歴史

行田市は埼玉県内でも屈指の歴史を誇る地域です。なにしろ「さいたま」という地名のルーツとなった地ともされているほど。かつて考古学の分野で衝撃をもたらした稲荷山古墳はそんな行田市の歴史を象徴する史跡といえるでしょう。

 

そんな行田市は中世以降、武士達の興亡が繰り広げられ、目まぐるしいといってもよいほどの歴史を辿ってきました。室町時代から成田氏を中心とする武士団が活躍していましたが、戦国末期にはこの地域の武士団が後北条氏と結んでいたこともあり、豊臣秀吉の小田原征伐の対象となり、かの石田光成の攻撃を受けています。

 

江戸時代に入るとまず阿部氏、のちに松平氏の城下町となりました。この時代に行田市のイメージが形作られたといってもよいでしょう。とくに明治から昭和にかけて市の主要産業として繁栄した足袋の生産はこの時期にはじめられました。なんでも江戸中期に生活に苦しんだ下級武士の内職からはじめられたのがきっかけだそうです。

 

ただ、行田市という名称が使われるようになったのは1949年。もともと忍町という名称だったこの地域が市制の移行によって忍市となり、即時に行田市と解消されて新たなスタートを切りました。その後1954年、1955年、1956年、1957年と立て続けに他の地域と合併・編入が行われ市域を拡大、2006年にも北埼玉郡南河原村が編入合併されています。このように、行田市は古代から続く古い歴史と、近世に形成されたイメージ、そして近代以降の相次いだ吸収合併と、3段階に分けられる歴史が存在している市なのです。


行田の地理

行田市は埼玉県北部、群馬県と境を接している地域です。埼玉県は北部と東京に近い南部ではだいぶ雰囲気も印象も異なることで知られていますが、行田市は地理的な環境もあり、北部の典型的な地域といえます。

 

行田市の地理上の特徴はまず埼玉県と群馬県の市町村と多く接していること。埼玉県側では加須市、熊谷市、鴻巣市、羽生市と、群馬県側では邑楽郡千代田町、邑楽郡明和町と接しています。面積は67.39平方キロメートル。人口を見てみると2012年では8万4225人。

 

地形状の特徴としては市内のほぼ全域が利根川と荒川の沖積平野となっており、平坦な地形で成り立っている点。古代の昔から人が住みつき、歴史を積み重ねてきたのもこうした地形状の条件が大きな原因と考えられます。また、市内には利根川、元荒川のほか、星川、忍川が流れており、河川と切っても切れない関係にあります。ただ、河川がある平坦な地形ということもあり、昔から氾濫の危険性と隣あわせの関係にありました。そのため市内には武蔵水路、見沼代用水、埼玉用水路、北河原用水、酒巻導水路の各用水路が設置されています。

 

治水上の問題が解決した今では平坦で水に恵まれた行田市の地理は住民にとって暮らしやすい環境となっています。市の中心となる行田駅を中心に開発・発展が進んでおり、今後も地形を活かした街づくりが行われていくことでしょう。ここ10年ちょっとの間に人口減が進んでいますが、改めてこの市の住みやすさをアピールしていく必要もありそうです。


行田市の特産品

行田市といえばグルメの特産品でも有名なところです。とくにゼリーフライは行田市を代表する特産品として全国的に有名です。

 

かつて足袋の製造で知られた行田市。工場で働く人たちの間では腹持ちがよい食べ物としてフライが重宝されていました。現在ではそんなフライが特産品として地元の人だけでなく、多くの人たちから愛好されるようになっています。なお、フライの名称の由来はフライパンで焼くから、あるいは「富よ来い」を音読みしたからといった説があります。とくに有名なのが冒頭に挙げたゼリーフライ。じゃがいもとおからをベースに油で揚げたもので、コロッケのような独特の食感が特徴です。ゼリーといってデザートのゼリーとは異なります。普通のフライとも、ゼリーとも異なる独特の料理なのです。なお、なぜ「ゼリー」という名称が付けられたのかについては諸説ありますが、有力なのは小判型の形状から「銭フライ」と呼ばれていたのがなまったというものです。

 

また、ゼリーフライはご当地グルメとしてだけでなく、健康食品としても人気を高めています。食物繊維が豊富で、しかも野菜が苦手な子どもでも美味しく食べられるため、家庭の日常の食材としても適しているのです。こうした特産品を観光資源として役立てるため、「こぜにちゃん」「フラべぇ」というフライとゼリーフライをモチーフにしたイメージキャラクターも作られています。古代の町としてだけでなく、フライ、ゼリーフライの町としても今後行田市は広く知られていくことになるのかもしれません。

 

なお、ほかにも十万石まんじゅう、鉄剣せんべいといった特産品もあるので訪れた際には味わってみてはいかがでしょうか。


行田市のイベント

行田市では1年間を通してさまざまなイベントが開催されています。おそらくもっとも有名なのは「さきたま火祭り」でしょう。古代のロマンを味わうことができる魅力的な祭りです。しかしこの祭りだけでなく、他にもこの町ならではの魅力を味わえるイベントが多数開催されています。

 

まず「桜ボンボンまつり」。これは4月上旬の土曜日に行田市水城公園で実施されているもので、水城公園内にある200本もの桜の開花を楽しむイベントです。フリーマーケットや屋台も出店しています。同じく4月には毎年17日に公園通りで「行田の春まつり」が実施されます。ここでは植木や苗木の販売が行われるほか、新・行田音頭や手踊りの実演が披露され、市の伝統に触れることができます。

 

夏には「行田浮き城まつり」。行田市の夏の風物詩として定着しているイベントで、毎年7月の最終土曜・日曜に開催されています。行田市駅入り口交差点前ではフリーマーケットやステージイベントが開催され、さらに日曜日には「浮き城だんべ踊りパレード」が実施され、山車や神輿が出て賑やかな雰囲気に包まれます。

 

秋には11月上旬に「商工祭・忍城時代まつり」が開催されます。市役所や忍城址付近で開催されるもので、物産展や戦国時代の武者行列、火縄銃を使った演武などが行われます。古代の町というイメージが強い行田市ですが、この祭りでは戦国時代の雰囲気に浸ることができるでしょう。こうしたイベントを通して行田市の歴史などを知ることもできます。地元の人はもちろん、行田市を訪れる機会がある人もイベントに接してみてはいかがでしょうか。

 

行田でイベントを楽しんだ後には行田の風俗で癒やされたいという方には行田のデリヘルがお勧めです。埼玉のデリヘルは沢山のお店がありますが、県の北部では熊谷デリヘル本庄デリヘルと同じように行田でもデリヘルで遊べますので、行田まで訪れた際には是非お試し下さい。